中国恒大、広州のスタジアム建設は「通常通り」進行

© ロイター

[広州(中国) 27日 ロイター] - 中国の不動産大手、中国恒大集団は27日、南部の広州市で大型サッカースタジアムを建設するプロジェクトについて、「通常通り」進んでいると明らかにした。ロイターの質問に回答した。

同社は3050億ドルの債務を抱え、資金繰り難に陥っており、世界の市場で懸念が広がっている。先週にはドル建て債の利払いが期限を迎えたが、支払っていない。

広州FCサッカースタジアムは総工費約120億元(18億6000万ドル)。昨年4月に着工し、2022年までの完成が予定されていた。

ロイターの問い合わせに対し、中国恒大は「サッカースタジアムの建設作業は現在も通常通り、整然と進んでいる」とした。

スタジアムの収容人数は10万人超で、世界最大級のサッカースタジアムとなる。