無免許都議に再び辞職勧告

本人はHPで議員活動継続の意向

© 一般社団法人共同通信社

木下富美子都議

 東京都議会は28日に開会した定例会本会議で、7月の都議選の選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、公表しないまま再選された木下富美子都議(54)に対する辞職勧告決議案を全会一致で可決した。木下氏への辞職勧告決議は7月23日に続いて2度目。木下氏は体調不良を理由に欠席したが、今月28日付で自身のホームページを更新し、議員活動継続の意向を示した。

 今回の決議では、17日に木下氏が道交法違反容疑で警視庁に書類送検され、免許停止期間中に6回の無免許運転も判明したと指摘。木下氏に対し「厳粛に受け止め、自ら直ちに辞職するよう改めて強く求める」としている。