西安城壁、歴史ある外観と現代的な精神―中国メディア

© 株式会社 Record China

西安城壁は最も悠久の歴史をもち、最も完全に保存されている古代城壁であると同時に、西安の重要な観光ランドマークだ。西安の重要な文化遺産であり観光名所でもある西安城壁が、どのようにして保護され、発展してきたのか、多くの人々が関心を寄せている。中央テレビ網が伝えた。

西安城壁管理委員会副主任、国家文物局登録専門家の呉春(ウー・チュン)氏によると、彼らは20年近くの模索を経て専門の保護修復チームを設立し、城壁をしっかり保護すると同時に、現代の都市発展と融合させ、新たな活力と生命力を引き出してきた。

■監視スポット8000カ所以上で、城壁の安全をあらゆる角度からチェック

西安城壁の保護においては、長年の模索と試みを経て、国内外の先進的な文化遺産管理・発展のノウハウを参考に、科学的な保護の基準と管理システムを確立している。

呉氏によると、壁体、歴史的建造物、周辺の水系、地下鉄、観光客の行動などの全てを監視スポット8000カ所以上から監視・管理している。

壁体については、沈下、水平変位、亀裂、含水率、工事の監視、城壁の下を通る地下鉄工事と日常の運行による振動の監視などを行っている。歴史的建造物については、安全性の検査、シロアリなど害虫被害の監視などを行っている。また、地下水については監視井戸を31カ所設置し、主に城壁周囲の堀の水位変化が地下水位変化による城壁基礎下の含水率への影響を引き起こしていないかどうかを監視している。さらに文化・観光イベントについては、文化・観光イベントが壁体に与える影響に主眼を置き、「城壁マラソン」と「春節灯籠祭り」を動的・静的加重限界値として、最大耐荷重を算出し、観光客の最大数や文化イベントの要件を規範化している。

そして、堀の上に設置した監視スポット24カ所を通じて、病害の程度に応じて緑、黄、オレンジ、赤の「4色」警戒システムを定めている。各色ごとに対応措置と作業マニュアルを定め、問題を見つけ次第解決し、遺産を科学的に保護している。

■時代の変化に対応し、文化遺産に命を吹き込む

近年、西安城壁景勝地は、文化財の保護、歴史的遺物及び文明の保護の他に、中華文化、古都文化、現代文明の発揚という使命を遂行し、文化財に命を吹き込む努力をしている。

呉氏によると、西安城壁東南角でのプロジェクション・マッピングショー「遇見・小武士」では、「城壁小武士」が遠く険しい道のりを越え、素晴らしい世界を経験し、仲間たちに助けられながら、素晴らしい生活を感じる物語を展開している。西南角でのプロジェクション・マッピングショー「嗨皮陝博」では、伝統的な切り絵細工芸術を取り入れ、陝西歴史博物館の24の国宝を紹介することで、文化財に「命を吹き込み」、市民や観光客が中華民族の貴重な文化遺産をより良く知ることができるようにしている。

「永恒之城」、「富麗都城」、「風骨精神」、「虹貫万里」、「大唐之音」という5部構成の「夢長安大唐迎賓盛礼」は、「迎賓」、「観礼」、「観演」、「謝幕」の順に上演され、観光客は厳かに長安城(西安)へと迎え入れられ、一夜にして長安の花を愛で尽くす体験をすることができる。

呉氏らは、西安城壁の遺産保存と活用について、「畏敬+熱愛+尊敬+継承+復興」という五位一体の西安城壁文化財保護・利用モデルを構築し、新たな文化観光ブランド「千年古都・常来長安」をめぐる一連の文化芸術イベントを打ち出している。今後はマーダーミステリーなどのイベントを開催し、悠久の歴史を持つ城壁の文化・観光資源を深く掘り起こし、国内外の観光客を数多く呼び込み、西安城壁を遺跡保護、文化展示、観光レジャー、国民教育、都市レクリエーションなどの機能が一体化した「世界レベルの逸品観光景勝地」にする計画だという。(提供/人民網日本語版・編集/NA)