台風16号:気象庁の最新予想進路、米軍の見方は 関東でも暴風恐れ 9月29日21時現在

© 株式会社福井新聞社

写真を拡大 2021年9月29日午後9時時点の台風16号の予想経路図(気象庁HP引用)
写真を拡大 台風16号によって暴風域に入る確率=2021年9月29日午後3時現在(気象庁HP引用)
写真を拡大 2021年9月29日午後時点の台風16号の予想進路図(JTWCより引用)。台風の通過時間は、Zを単位とする数字。日本時間は9を足した時間。KTSは中心付近の最大風速を表す。単位はノット(約 0.514m/s)

 気象庁によると、大型で非常に強い台風16号(ミンドゥル)は2021年9月29日午後9時時点で、日本の南を1時間に15キロの速さで北に進んだ。同庁の進路予想によると、30日ごろから進路を北東に変えながら日本の南から東を通過する見込みで、10月1日ごろには八丈島に接近する見通し。進路次第では、関東や東海地方から東北地方の太平洋側沿岸部でも暴風となる恐れがあり、最新情報に注意が必要だ。また、進路や接近時期について米軍合同台風警報センター(JTWC)の見方も参考に調べてみた。⇒【続報】台風16号、最新情報はこちら

予想進路、接近いつ

 気象庁によると、台風16号は29日午後9時現在、中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から220キロは風速25メートル以上の暴風域、東側650キロ、西側560キロは風速15メートル以上の強風域になっている。

 予報では30日午後9時で中心気圧925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速70メートル。10月1日午後9時には中心気圧965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートル。10月2日午後9時で中心気圧976ヘクトパスカル、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートルの見込みで、温帯低気圧に変わっているとみられる。⇒【解説】台風と温帯低気圧は何が違う?

 9月29日午後9時現在、時速15キロで北に進んでおり、今後速度を上げて、30日ごろから北東に進路を変える見込み。10月1日午後9時ごろには日本の東まで進み、2日午後9時までには日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。

大雨や暴風に警戒

 気象庁の9月29日夕の発表によると伊豆諸島では30日から雨が強まり、10月1日は東日本太平洋側と北日本太平洋側で、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがある。10月1日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で伊豆諸島200~300ミリ、東海地方、関東地方100~150ミリ、東北地方50~100ミリの見込み。

 伊豆諸島や東日本から東北地方にかけての太平洋側沿岸では、10月1日に暴風となる所がある見込み。10月1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島30~40メートル(40~60メートル)、関東地方25~29メートル(35~45メートル)、東北地方20~24メートル(25~35メートル)。

 南西諸島では30日にかけて、西日本の太平洋側や小笠原諸島では30日から10月1日にかけて、東日本から東北地方にかけての太平洋側では30日から2日にかけて、うねりを伴って大しけとなる所がある見込み。30日にかけて予想される波の高さは伊豆諸島、小笠原諸島が8メートル、沖縄地方7メートル、奄美地方、近畿地方、東海地方6メートル。10月1日に予想される波の高さは、伊豆諸島11メートル、東海地方、関東地方、小笠原諸島8メートル、近畿地方、東北地方6メートル。特に伊豆諸島では、高波や暴風に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

米軍の見方は(参考)

 米軍合同台風警報センター(JTWC)の見方を調べてみると、台風16号は気象庁同様、北から徐々に北東に進路を変えながら進むとみているようだ。10月1日には伊豆諸島近海まで進み、関東地方などが強風域に入る可能性もある。中心付近の風速は、9月30日午前3時時点で約59メートル、30日午後3時時点で約57メートル、10月1日午前3時時点で約49メートル、10月1日午後3時時点で約44メートル、10月2日午後3時時点で約33メートルの見込み。

⇒【最新情報】台風16号の勢力、予報進路をさらに詳しく見る

台風の名前

 台風防災に関する国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名前が付けられる。「ミンドゥル」の命名国は北朝鮮で、朝鮮語で「タンポポ」を意味する。