債務対応失敗は「悲惨」と警告

米財務長官、資金枯渇懸念

© 一般社団法人共同通信社

議会上院銀行住宅都市委員会の公聴会に出席したイエレン米財務長官(手前)と米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長(奥)=28日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】イエレン米財務長官は28日、米議会が連邦政府の債務上限問題への対応に失敗すれば「米経済や世界の金融市場、米国民にとって悲惨なことになる」と警告した。10月18日にも政府資金が枯渇する恐れがあるとし、与野党に早急な対応を求めた。

 議会上院銀行住宅都市委員会の公聴会で述べた。債務上限の一時停止措置などを講じなければ「金融市場で米国の信用力が低下し、金利高騰で住宅や自動車のローンの利払い増加にもつながる」との懸念を示した。

 議会上院では与党民主党による上限停止措置を野党共和党が阻止し、膠着状態が続いている。