自宅で兄を刺した殺人未遂疑い、男を現行犯逮捕 広島南署

© 株式会社中国新聞社

広島南署

 広島南署は28日午後8時35分ごろ、広島市南区宇品神田5丁目、自称アルバイト清掃員の男(34)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、男の自宅で、兄で派遣社員男性(36)の胸に包丁を刺して殺そうとした疑い。同署によると、親族が110番した。兄は命に別条はないという。