大谷、6試合連続で本塁打なし

1位と2本差、ダルは11敗目

© 一般社団法人共同通信社

レンジャーズ戦の6回、見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷=アーリントン(共同)

 【アーリントン共同】米大リーグは28日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打、1四球1三振で、6試合連続で本塁打は出なかった。45本塁打はリーグ3位で、この日ペレス(ロイヤルズ)がリーグ単独トップの47号を放ったため、2本差に広がった。チームは2―5で敗れた。

 パドレスのダルビッシュはドジャース戦に先発し、4回を5安打2失点、6三振4四球で11敗目(8勝)を喫した。試合は1―2で、チームは4連敗。

 パイレーツの筒香はカブス戦に代打で左飛。チームは8―6で勝った。