岡山放送の30代社員が自殺

「長時間労働が主な原因」

© 一般社団法人共同通信社

 岡山放送(岡山市)は29日、30代の男性社員が7月に自殺し、長時間労働が主な原因とする調査結果をまとめ、遺族に謝罪したと発表した。中静敬一郎社長を減俸20%(3カ月)とし、当時の上司らを停職や減給とする懲戒処分を決定した。

 同社によると、男性社員は昨年3月、子会社に出向し、今年2月からはバラエティー番組のディレクターを担当。7月6日に自殺した。その後の同社の調査で、今年2月以降、過労死ラインとされる100時間を超える時間外労働をした月があったと判明。パワーハラスメントに当たる上司の発言も確認された。

 中静社長が今月22日、遺族を訪問し、謝罪した。