金正恩氏、米政権の敵視政策変わらずと批判

© 一般社団法人共同通信社

 【北京共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は29日の施政演説で「われわれに対する米国の軍事的な威嚇と敵視政策は少しも変わらない」と述べ、バイデン米政権の姿勢を批判した。