トヨタ販売店を家宅捜索

車検不正問題で愛知県警

© 一般社団法人共同通信社

 トヨタ自動車の販売店で車検の不正が相次いだ問題で、愛知県警が道路運送車両法違反などの疑いで、最初に不正が見つかったネッツトヨタ愛知(名古屋市)の店舗「プラザ豊橋」(愛知県豊橋市)を家宅捜索していたことが30日、関係者への取材で分かった。捜索は8月20日。

 県警は押収資料に基づき、不正の流れを調べる。ネッツトヨタ愛知の担当者は「真摯に対応し、捜査に全面的に協力する」としている。

 プラザ豊橋では、2018年から21年にかけて約5200台の車検で法令違反があったことが今年3月に判明。中部運輸局はこの店の民間車検場の指定を取り消している。