ホンダ、ロケット開発に注力

空飛ぶ車、遠隔操作ロボットも

© 一般社団法人共同通信社

電動垂直離着陸機「eVTOL」の模型と本田技術研究所の大津啓司社長=28日、埼玉県和光市

 ホンダは30日、小型宇宙ロケットの開発に注力する方針を発表した。2020年代に打ち上げの実証実験を行い、将来的には人工衛星を載せることを目指す。「空飛ぶ車」と呼ばれる電動垂直離着陸機「eVTOL(イーブイトール)」や遠隔操作するロボットといった新技術にも取り組む。

 新分野への進出で技術力を向上させ、さまざまな移動サービスを手掛けて事業を拡大するのが狙いだ。これまでも本業の自動車以外に、二足歩行ロボットや小型ジェット機を開発してきた。

 小型ロケットでは、インターネットに接続して多様なサービスを提供する「コネクテッドカー(つながる車)」に人工衛星を活用する。