【新型コロナ】市販検査キットで3回「陰性」の男性、死亡後に感染と判明 横浜市

© 合同会社ソシオタンク

 横浜市は30日、市内の自宅で死亡していた30代男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。男性は自身で市販のキットによる検査を3回行い、全て陰性だったため自己判断で自宅療養していたという。家族の話などから判明した。

基礎疾患なし、家族が訪問し死亡しているのを発見

 横浜市の発表によると、死亡後に感染が判明したのは市内に住む30代男性。今月11日に咳などが出て体調不安を感じ、自身で検査キットを購入し調べたところ陰性だったとみられ、医療機関を受診せずそのまま自宅療養していたとみられる。ワクチン接種も受けていなかったという。

 その後連絡がとれない状態となり、22日になって別居の家族が男性の自宅を訪問したところ、倒れているのを発見。救急隊を呼んだが既に死亡していた。その後、検死の際の検査で新型コロナウイルス陽性が判明した。