エスカレーター歩かず条例が施行

埼玉で全国初

© 一般社団法人共同通信社

立ち止まったままエスカレーターを利用する人たち。壁には歩かないよう呼び掛けるポスターが掲示されていた=1日午前、さいたま市のJR大宮駅

 エスカレーターの事故を防ぐため、歩かず立ち止まって乗るよう利用者に努力義務を課す全国初の条例が1日、埼玉県で施行された。JR東日本は、県内の各駅にポスターを掲示するなどし、条例の内容に沿った安全な利用を呼び掛けている。

 1日朝、JR大宮駅ではエスカレーター付近にポスターが貼られ、構内に「立ち止まってご利用ください」とアナウンスが流れた。それでも、歩いて上り下りする姿がみられた。

 条例は、県民に立ち止まっての利用を求め、エスカレーターの管理者には利用方法の周知徹底を要請。知事は管理者に対して必要な指導、勧告ができるとしているが、罰則規定はない。