第6波に備え医療体制強化通知へ

厚労相、患者死亡に謝罪

© 一般社団法人共同通信社

 田村憲久厚生労働相は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの流行「第6波」に備え、医療提供体制を強化するよう、同日中に都道府県に通知を出す方針を明らかにした。「冬場はまた感染拡大のリスクがある」と指摘した。11月末までの病床確保や臨時医療施設の拡充を求める。

 第5波では病床が逼迫し、自宅療養中に症状が悪化しても入院できずに死亡するケースが相次いだ。田村氏は「十分に医療提供体制の整備が追いつかなかったのは事実。命を失われた方々にお悔やみとおわびを申し上げる」と謝罪した。