栗山監督「一生忘れない」

就任1年目に斎藤を開幕投手起用

© 一般社団法人共同通信社

開幕戦でプロ初の完投勝利を挙げた日本ハム・斎藤(左)とウイニングボールを手にする栗山監督=2012年3月30日、札幌ドーム

 日本ハムの斎藤が今季での現役引退を決め、栗山監督は「ああいう立場でプロに入ってきて、苦しかったと思うし大変だったと思う。ただ、最後までしっかりやったということだけは俺は一生忘れない」としみじみ語った。

 就任1年目の2012年に2年目だった斎藤を開幕投手に抜てき。斎藤は完投勝利を挙げて勢いをつけ、チームはリーグ優勝した。「あの1年目の優勝は初戦の勝利が全てとは言わないが、すごく大事なものだった。期待に応えてよく投げきった」と感謝した。

 荒木投手コーチは東京・早実高の先輩に当たる。斎藤を「常に注目される中でやる大変さはあったと思う」と話した。