斎藤佑樹は現役引退も… 球界を彩るスターが揃う“ハンカチ世代”の選手たち

© 株式会社Creative2

巨人・坂本勇人、楽天・田中将大、ツインズ・前田健太(左から)【写真:荒川祐史、AP】

前田、澤村、田中将の3投手がメジャーを経験、大野は昨年の沢村賞

日本ハムは1日、斎藤佑樹投手が今季限りで現役引退すると発表した。早実高時代に“ハンカチ王子”と称され、社会現象を巻き起こした右腕と同学年の選手は「ハンカチ世代」と呼ばれることも多い。この世代には球界を代表する選手が多数いる。

投手は大物が多数。前田、澤村、田中将の3人がメジャーを経験し、大野雄は昨年沢村賞を、吉川は日本ハム時代の2012年にMVPを受賞。石川、増田はタイトルホルダーだ。捕手では會澤は2017年から3年連続ベストナインを受賞した。

〇投手
前田健太(ツインズ)
澤村拓一(レッドソックス)
田中将大(楽天)
大野雄大(中日)
石川歩(ロッテ)
増田達至(西武)
塩見貴洋(楽天)
石山泰稚(ヤクルト)
秋吉亮(日本ハム)
松永昂大(ロッテ)
大嶺祐太(ロッテ)
南昌輝(ロッテ)
福山博之(楽天)
吉川光夫(西武)
中村恭平(広島)

〇捕手
會澤翼(広島)

坂本は昨年2000安打を達成、柳田はMVPを2度受賞

内野手では、坂本が球界随一のショートストップとして君臨。昨年通算2000安打を達成し、今年の東京五輪でも金メダル獲得に貢献した。宮崎は2017年に首位打者を獲得した。

〇内野手
坂本勇人(巨人)
宮崎敏郎(DeNA)
堂上直倫(中日)
福田永将(中日)
荒木郁也(阪神)

外野手も逸材揃いだ。秋山は西武時代の2015年に年間最多記録の216安打をマークするなど最多安打を4度、首位打者を1度獲得。柳田は2015年にトリプルスリーを達成、MVPを2度(2015、20年)受賞している。

〇外野手
秋山翔吾(レッズ)
柳田悠岐(ソフトバンク)
梶谷隆幸(巨人)
木村文紀(日本ハム)
福田秀平(ロッテ)
下水流昂(楽天)
遠藤一星(中日)(Full-Count編集部)