産直サイトでふるさと納税

小規模業者も参加しやすく

© 一般社団法人共同通信社

 インターネットの産直サイトを運営する「ポケットマルシェ」(岩手)は、ふるさと納税制度を使って各地の産品を消費者へ届ける新たなサービスを始めた。同社と契約した自治体の生産者が出品する。生産者自身が返礼品の選定から発送までを担うため、旬が短く、生産量の限られた食材を扱う小規模な事業者も参加しやすくなる。

 自治体は返礼品の種類が増え寄付額の増加も期待できる。9月末までに20市町村が契約、約200の農家や漁師らが出品している。

 サイトでは寄付千円につき自治体から300ポイントが届く。寄付した人はポイントと返礼品を交換。1ポイントは通販サイトの1円にほぼ相当する。