広5―9ヤ(2日)

ヤクルトが打ち勝つ

© 一般社団法人共同通信社

6回ヤクルト無死一塁、山田が左越えに2ランを放つ=マツダ

 ヤクルトが打ち勝った。四回に中村の2点適時打で先制。六回には山田の33号2ラン、サンタナの3ランで突き放し、その後も着実に加点した。高梨が八回途中4失点で4勝目。広島は高橋昂が粘れず、打線の反撃も遅かった。