日2―1西(2日)

日本ハムが競り勝つ

© 一般社団法人共同通信社

7回、高浜の勝ち越し二塁打で生還した五十幡(50)を迎える日本ハム・栗山監督(右から2人目)ら=札幌ドーム

 日本ハムが接戦を制して連敗を3で止めた。1―1の七回に高浜の適時二塁打で1点を勝ち越した。2番手の堀が1回無失点で3勝目を挙げ、杉浦が24セーブ目。西武は今井が7回2失点と好投したが、打線が援護できなかった。