維新、次期衆院選に向け遊説始動

議席増目指す、旗印は規制改革

© 一般社団法人共同通信社

 日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は3日、福岡県入りし、次期衆院選に向けた全国遊説を本格化させた。規制改革を旗印に掲げ、自民党との対立軸を明確化。全国的に知名度の高い副代表の吉村洋文大阪府知事を「選挙の顔」に据え、本拠地・大阪以外でも議席増を目指す。

 「自民党はもたれ合いで既得権益や団体にメスを入れられない。ぴりっとさせるため力を貸してほしい」。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されて初の日曜となった3日。松井氏は福岡市や北九州市など衆院福岡1、2、4、10区で街頭演説し、自民批判を繰り広げた。