雨谷一樹が250初代王者

公営ケイリンPIST6

© 一般社団法人共同通信社

「PIST6 チャンピオンシップ」で優勝した雨谷一樹(手前)=千葉市

 五輪など国際大会で行われる自転車トラック種目の「ケイリン」に準拠し、車券を発売する公営競技として実施する新しい大会「PIST6 チャンピオンシップ」最終日は3日、千葉市の1周250メートルバンク「TIPSTAR DOME CHIBA」で6選手による決勝(1500メートル、6周)が行われ、トラック種目の日本代表経験者、雨谷一樹(栃木)が優勝した。初日から4連勝で新大会の初代王者に輝き、優勝賞金123万2千円を獲得した。

 雨谷は最終周の向正面で2番手追走から一気に先頭に立ち、そのまま押し切り「(初代優勝は)すごく光栄なこと」と喜びを語った。