今年プロ転向の安藤みなみ、第1シード田志希下す 日本女子3選手が4強入り<卓球・アジア選手権>

© 株式会社ラリーズ

<アジア選手権2021 日時:9月28日~10月5日 場所:カタール・ドーハ>

3日、アジア選手権は6日目を迎え、女子シングルス、女子ダブルスで日本勢が勝ち上がった。

安藤みなみ早田ひな、芝田沙季が4強入り

女子シングルスでは、アジア選手権選考会で2位通過し、今大会の代表権を掴み取った安藤みなみ(トップ名古屋)が、準決勝進出を決めた。4回戦ではタイのエース、サウェータブット・スターシニーを3-0で下すと、準々決勝では今大会第1シードの田志希(チョンジヒ・韓国)にフルゲームで逆転勝利し、4強入りを果たした。

写真:世界選手権選考会での安藤みなみ(トップ名古屋)/撮影:ラリーズ編集部

安藤は今年2月に実業団を辞め、プロ転向を果たした24歳。過去には世界ランキング最高29位にも入ったことのある実力者だ。フォアのスマッシュ、バックの表ソフトの変化は唯一無二の戦型で、国際大会であまり対戦のない相手選手は対応しづらい。自らの武器を存分に生かし、勝ち上がりを見せている。

また、早田ひな(日本生命)、芝田沙季(ミキハウス)も各国の実力者を下し、4強入りを決めている。女子ダブルスでは、WTTスターコンテンダードーハで優勝した長﨑美柚(日本生命)/安藤ペアが、インドペアを振り切り、準決勝進出を決めた。これで安藤は単複でのメダルが確定した。

日本女子勢の大会6日目の結果は以下の通り。

女子シングルス(大会6日目)

3回戦

〇安藤みなみ 3-1 MUKHERJEE Sutirtha(インド)
〇芝田沙季 3-0 MUKHERJEE Ayhika(インド)
〇早田ひな 3-0 KHADJIEVA Rozalina(ウズベキスタン)

4回戦

〇安藤みなみ 3-0 サウェータブット・スターシニー(タイ)
〇芝田沙季 3-0 PINYOPISAN Phantita(タイ)
〇早田ひな 3-0 SALPAHDORU Muthumali(スリランカ)

準々決勝

〇安藤みなみ 3-2 田志希(チョンジヒ・韓国)
〇早田ひな 3-0 杜凱琹(ドゥホイカン・中国香港)
〇芝田沙季 3-0 徐孝元(ソヒョンウォン・韓国)

女子ダブルス(大会6日目)

準々決勝

〇長﨑美柚/安藤みなみ 3-2 MUKHERJEE Sutirtha/MUKHERJEE Ayhika(インド)
佐藤瞳/芝田沙季 2-3 杜凱琹/李皓晴(中国香港)〇

安藤みなみが3回目の申裕斌戦へ

大会7日目となる4日は、女子シングルス準決勝が行われる。早田と芝田がここで激突することになった。

写真:申裕斌(シンユビン)/提供:ittfworld

また、安藤が決勝進出をかけて対戦するのは韓国の17歳・申裕斌(シンユビン・韓国)だ。両者は、WTTスターコンテンダードーハの女子シングルス、アジア選手権の女子団体と直近で2度対戦しており、安藤が2連勝を収めている。

独特の戦型の安藤にとって、3試合目と慣れられている状態でのスタートにはなるが、地力の差で勝ち切れるか要注目だ。

女子シングルス(大会7日目)

準決勝

安藤みなみ – 申裕斌(シンユビン・韓国)
早田ひな – 芝田沙季

アジア選手権とは

アジア選手権は、2~3年ごとにアジア各国の予選を勝ち抜いた選手によって、アジアNo.1を決める大会である。卓球の全種目(男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルス・男女団体)が行われ、各種目で優勝者が決まる。

日本勢の記録としては2017年大会の女子シングルスで平野美宇(日本生命)が中国勢3人に連続で勝利して優勝したことが記憶に新しい。ほかにも前回大会では男子ダブルスで吉村真晴(愛知ダイハツ)/戸上隼輔(明治大)ペアが3位、女子ダブルスで平野/石川佳純(全農)ペアと芝田沙季(ミキハウス)/佐藤瞳(ミキハウス)ペアがともに3位入賞を果たしている。

今大会では中国代表が、先日の第14回全中国運動会卓球競技の開催と、11月に控える世界選手権に向けたトレーニング等への影響を考慮し不参加を表明している。また、日本からも東京五輪代表の選手は参加しないこととなり、6月の国内選考会を勝ち抜いた代表選手が参加することとなる。

文:ラリーズ編集部