米研究者らノーベル医学生理学賞

体が温度や痛み感じる仕組み解明

© 一般社団法人共同通信社

米カリフォルニア大サンフランシスコ校のデービッド・ジュリアス教授(AP=共同)

 【ストックホルム共同】スウェーデンのカロリンスカ研究所は4日、2021年のノーベル医学生理学賞を、体が温度や痛みなどを感じる仕組みを解明した米カリフォルニア大サンフランシスコ校のデービッド・ジュリアス教授ら2氏に授与すると発表した。もう1人はレバノン出身で米スクリプス研究所のアーデム・パタプティアン教授。

 2人の成果についてカロリンスカ研究所は、われわれが熱や刺激をどのように感知し、周囲の環境に適応しているかを理解するのに大きく貢献したと評価。鎮痛剤などの開発にもつながる可能性があるという。

 賞金計1千万クローナ(約1億2千万円)を2氏が等分する。

米スクリプス研究所のアーデム・パタプティアン教授(ロイター=共同)