ウィンドウズ11提供開始

6年ぶり、在宅機能充実

© 一般社団法人共同通信社

米マイクロソフトが提供を始めた「ウィンドウズ11」の画面のイメージ(同社提供)

 米マイクロソフトは5日、新しい基本ソフト(OS)の「ウィンドウズ11」の提供を始めた。抜本的な刷新は約6年ぶり。現行の「10」の利用者は無料で更新できる。スマートフォンとの連携や在宅勤務に役立つ機能を充実させた。

 更新できるタイミングは、利用者が使用するパソコンによって異なる。2022年半ばまでに一定の性能を満たした全ての機器への提供を予定している。「11」を搭載したパソコンも発売する。

 新たな機能では、スマホ用OS「アンドロイド」のアプリが利用できるようにした。テレワーク向けに安全性を高め、ビデオ通話の使い勝手も改善した。