ウルフ・アロン選手「失敗から学んで」 長野市の中学校で講演 柔道金メダリスト

© 株式会社長野放送

東京オリンピックの柔道金メダリスト、ウルフ・アロン選手が長野市の中学校を訪れ、「失敗から学んでほしい」と話しました。

長野市の長野日大中学校で大きな拍手に迎えられたウルフ・アロン選手。

東京オリンピックでは、柔道男子100キロ級で日本人で21年ぶりとなる金メダルを獲得しました。

ウルフ・アロン選手:

「これ、メダルが裏だったみたいで。どっちが表かわかんなくて。表は…こういう感じ」

5日、2年生のキャリア教育の一環で招かれ、失敗から学ぶことの大切さについて語りました。

ウルフ・アロン選手:

「失敗したものの中から学べることがたくさんあって、そこから目を背けるんじゃなくて、なぜ失敗したのか考えて次の成功につなげる『成功のかけら』を集めてほしい」

結果が出ない時の取り組み方など、生徒たちはウルフ選手の経験談に真剣に耳を傾けていました。