サッカー、吉田や南野ら合流

8日未明にサウジ戦

© 一般社団法人共同通信社

サウジアラビア戦に向け、調整する吉田=ジッダ(共同)

 【ジッダ(サウジアラビア)共同】サッカーの日本代表は5日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組第3戦のサウジアラビア戦が行われる敵地のジッダで調整し、吉田(サンプドリア)南野(リバプール)らが合流して26選手全員がそろった。冒頭15分以外を非公開として、7日午後8時(日本時間8日午前2時)からの試合へ向けて戦術確認した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング26位の日本は最終予選で1勝1敗。同56位のサウジは2連勝で、対戦成績は日本の9勝1分け4敗。12日には埼玉スタジアムで同32位のオーストラリアとの第4戦に臨む。