米中、オンラインで首脳会談へ

年内、G20の初対面は見送り

© 一般社団法人共同通信社

会談が行われたスイス・チューリヒのホテルを離れるサリバン米大統領補佐官=6日(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は6日、スイスで中国の外交担当トップ、楊潔チ共産党政治局員と会談し、今月末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせた初の対面形式の米中首脳会談実施を見送り、年内にオンライン形式で開催することで一致した。中国が軍事圧力を強める台湾などを巡り応酬となったが、サリバン氏は意思疎通維持の重要性を訴えた。米側が明らかにした。

 バイデン米大統領はイタリアでのG20サミットに合わせ中国の習近平国家主席との対面会談を模索。米政府高官は、習氏にG20の対面出席予定がないとして断念したと説明した。

会談するサリバン米大統領補佐官(左端)と中国の楊潔チ共産党政治局員(右端)=6日、スイス・チューリヒ(新華社=共同)