大会レガシー、連携し発信

堀内五輪相と小池氏が会談

© 一般社団法人共同通信社

東京都の小池百合子知事(右)と面会する堀内ワクチン兼五輪相=7日午前、東京都庁

 堀内詔子五輪相兼ワクチン推進担当相は7日、就任後初めて東京都庁を訪れ、小池百合子知事と会談した。堀内氏は「東京五輪・パラリンピックが作り上げたさまざまなレガシーをしっかり発信していく」と述べ、引き続き国と都が連携し大会の総括を進めていく意向を示した。

 小池氏は大会のレガシーに関し「いかに子どもたちの教育で伝えていくか、多様性と調和のコンセプトを理解し新しい一ページを歩むことができるかなど課題は多いが、国と取り組んでいきたい」と話した。

 ワクチン接種については、小池氏が人口の多さなど都内の特徴を挙げた上で「スムーズに必要な接種を進める」と説明した。