首都圏直下、震度5強

23区は東日本大震災以来

© 一般社団法人共同通信社

地震で構内が停電し、停車した東海道線=7日午後10時51分、JR品川駅

 7日午後10時41分ごろ、東京都足立区と埼玉県南部の首都圏直下で震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は千葉県北西部で震源の深さは約75キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.9と推定される。津波はなかった。東京23区で震度5強以上を観測するのは、2011年3月11日の東日本大震災以来。少なくとも20人以上がけがをした。

 警察や消防などによると、足立区の日暮里・舎人ライナー舎人駅付近を走行中の電車が脱線、乗客3人が転倒するなどしてけがをした。

地震があった千葉県市原市で、水が噴き出した水管橋=8日午前0時24分
鉄道の運行状況を表示したJR大宮駅のモニター=7日午後11時33分