阪神百貨店、梅田2期棟が開業

「食」イメージを全開

© 一般社団法人共同通信社

2期棟の開業日を迎えた阪神百貨店梅田本店=8日午前、大阪・梅田

 建て替え工事を進めてきた阪神百貨店梅田本店2期棟が8日、一部売り場を除き開業した。「食の阪神」のイメージを全開に、全11フロア中4フロアが食品や飲食関連となる。同じグループで高級志向の阪急百貨店梅田本店(同)とすみ分けを明確にし、新型コロナウイルス禍からの回復に道筋をつける。

 店の前には約千人の客が行列を作り、午前10時の開業時間を少し早めてオープン。大阪府豊中市から駆けつけた女性(71)は「待ち望んでいた。お菓子コーナーに早速行ってみます」と笑顔で話した。

 当面は新型コロナ感染拡大防止のため、入店者数やフロア間の移動を制限しながらの営業となる。