ブラジルの感染死者、60万人超

米国に次ぎ世界で2番目

© 一般社団法人共同通信社

記者会見に臨むブラジルのケイロガ保健相=8日、ブラジリア(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】ブラジル保健省は8日、新型コロナウイルスによる同国の死者が計60万425人に上ったと発表した。感染者は計約2155万人。米ジョンズ・ホプキンズ大によると、死者は米国に次ぎ世界で2番目に多く、感染者数は米国、インドに次ぎ3番目。ワクチン接種が進み死者・感染者数は減少傾向だが、専門家は油断しないよう呼び掛けている。

 ボルソナロ大統領は新型コロナの脅威を軽視しワクチンも未接種だが、国民は約46%が完全に接種を済ませた。サンパウロやリオデジャネイロなどの都市では屋外でのマスク着用義務の緩和を検討し始めた。