オリックス、技術実証で追加販売

21日の西武戦チケット

© 一般社団法人共同通信社

 オリックスは9日、観客制限緩和のための政府による「ワクチン・検査パッケージ」の技術実証実施要領に基づき、京セラドーム大阪で21日に開催する西武戦のチケットを追加販売すると発表した。対象は新型コロナウイルスワクチン2回接種後2週間を経過するか、試合日まで72時間以内の18日以降に受けたPCR検査の陰性証明書を持つ人となる。

 当日は本人確認証とともにワクチン接種証明書やPCR検査陰性証明書などの提示が必要。球団によると、観客数は現在1万人を上限としているが、追加販売により最大で1万5千人程度となる可能性がある。