ワクチン交差接種のデータを収集

研究班、効果や安全性検証

© 一般社団法人共同通信社

接種される新型コロナウイルスワクチン

 新型コロナウイルスワクチンの1回目と2回目の接種で異なる製品を使う「交差接種」の効果や安全性について、国の医療研究支援や予算配分を担う「日本医療研究開発機構」の研究班が検証を始めたことが9日、分かった。特定のワクチンの供給が停止するなど、異なる製品を接種せざるを得ない事態に備え、データを集める。

 海外では、異なるワクチンを打つと感染を防ぐ中和抗体の数値がより高まったとの報告はあるものの、データはまだ限られていて、国内でも検証されていない。

 研究では、政府が承認している米ファイザー製、米モデルナ製、英アストラゼネカ製を使用する。