110m障害の金井がラストラン

歯科医志望で現役引退

© 一般社団法人共同通信社

現役最後のレースに臨む金井大旺(左)=9日、東京都町田市

 陸上男子110メートル障害の東京五輪代表、金井大旺(ミズノ)が9日、東京都町田市の法大で行われた競技会で現役最後のレースに臨んだ。母と妹が見守る中、トップの13秒55でゴール。前日本記録保持者の貫禄を示し「悔いなく終われた」と涙で声を詰まらせた。

 歯科医を目指すため今季限りと宣言してきた26歳。練習拠点とする母校を最後の舞台に選び、同じく引退するリオデジャネイロ五輪代表の矢沢航(デサント)らと走った。レース後には花束や金色のスパイクを贈られた。「寂しい気持ちはある」とも漏らし「後輩に技術や経験を伝えたい」と語った。

 今後は大学受験に備えて勉学に励む。