ソフトBの工藤監督退任の意向

就任7年目、続投の打診を辞退

© 一般社団法人共同通信社

西武戦の試合終了後、一礼して引き揚げるソフトバンクの工藤監督=7日、メットライフドーム

 ソフトバンクの工藤公康監督(58)が今季限りで退任する意向であることが10日、関係者の話で分かった。就任7年目の今季は2年契約の最終年でチームは4位に沈み、クライマックスシリーズ(CS)進出も厳しい状況となっていた。

 球団は来季以降の続投を要請したが、成績不振の責任をとって辞退を申し入れたという。後任は小久保裕紀ヘッドコーチ(50)の昇格や外部からの招請を含めて検討する。今季は序盤から故障などで離脱者が続出。後半戦も調子が上がらず、10月9日までに就任後最長となる8連敗を喫して上位との差を広げられた。