五輪追い風 女子ボクサー急増 横浜・花形ジムに続々

© 株式会社神奈川新聞社

続々門をたたく女子選手。花形会長(前列左から3人目)の下、日々研鑽を積んでいる=横浜市都筑区の花形ジム

 新たな潮流を生み出せるか。ボクシングの花形ジム(横浜市都筑区)で女子選手が急増中だ。今年に入り入門者が相次ぎ、11人のプロをはじめ、20人超の大所帯に。アマチュアでは東京五輪で入江聖奈(日体大)が金メダルを獲得し、熱を帯びる女子ボクシング界。世界の頂を目指すホープたちがここでも拳を磨いている。

 「時代は変わったんだね」。平日午後7時。乾いた音が響くジムを見渡し、花形進会長(74)は目を細める。「ここ1、2カ月でどんどん増えて随分とにぎやかになった。時間帯によっては男子より女子の方が多い」