枝野氏「意志貫けず」と首相批判

金融所得課税巡り

© 一般社団法人共同通信社

取材に応じる立憲民主党の枝野代表=10日午後、埼玉県東松山市

 立憲民主党の枝野幸男代表は10日、金融所得課税強化の先送り方針を明言した岸田文雄首相を批判した。埼玉県東松山市で記者団に「残念ながら、自分の意志を貫けない政権だということが示された」と述べた。11日の衆院本会議での代表質問で首相にただす考えも示した。

 野党が求める予算委員会の開催に消極的な岸田政権の姿勢を踏まえ「野党の声をちゃんと聞かずに『人の話を聞くことが特技だ』と言わないでほしい」と首相を皮肉った。