池江ら日大が大会新!“水泳の悔しさは水泳で”女子800メートルリレー

© 株式会社神戸新聞社

大会新記録で優勝し「1」と突き上げた池江璃花子

 「競泳・日本学生選手権」(10日、東京辰巳国際水泳場)

 女子800メートルリレー決勝が行われ、日大は組1位の8分0秒49の大会新記録で優勝した。最終第4泳者を務めた池江璃花子(ルネサンス)は、2位と0秒06差の1位で受け、リードを広げてゴールした。

 日大は、小堀倭加(3年)、伊藤悠乃(4年)、持田早智(4年)、池江璃花子(3年)の泳順。ゴール後は右手で「1」と突き上げた。

 池江は涙声で「最後は4年生が卒業しちゃうのがさみしくて」と振り返り「水泳で悔しかったのは水泳で返したいと思っていたので、ここで挽回できてすごくうれしい」と話した。

 池江は7日の50メートル自由形を制し、8日の400メートルリレーで優勝に貢献。しかし9日の400メートルメドレーリレーは第2泳者を務めるも予選敗退に終わり、本命の100メートルバタフライは0秒01差の2位だった。