渋野日向子、19年以来の5勝目

女子ゴルフ、プレーオフ制す

© 一般社団法人共同通信社

プレーオフを制して優勝し、トロフィーを手にする渋野日向子=東名CC

 スタンレー・レディース最終日(10日・静岡県東名CC=6592ヤード、パー72)5位からスタートした渋野日向子が6バーディー、2ボギーの68で回り、通算10アンダー、206で4人が並んだプレーオフを制した。2019年以来の日本ツアー5勝目。賞金1800万円を獲得した。

 18歳の佐藤心結(茨城・明秀学園日立高)は首位タイから70で回ってプレーオフに進んだが、ツアー史上8人目のアマチュア優勝はならなかった。木村彩子、ペ・ソンウ(韓国)も2位。

 西郷真央、西村優菜が通算9アンダーで5位。賞金ランキング1位の稲見萌寧は7アンダーで8位に入った。

プレーオフを制して優勝し、笑顔でポーズをとる渋野日向子=東名CC