柔道、代表コーチに海老沼氏ら

パリ五輪へ新体制

© 一般社団法人共同通信社

海老沼匡氏(左)、新井千鶴氏

 全日本柔道連盟は11日、2024年パリ五輪に向けた日本代表のコーチ陣を発表し、新たに鈴木桂治監督が就任した男子は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの実績を持ち、4月に現役を退いた海老沼匡氏がアシスタントコーチに就任した。増地克之監督が続投した女子は東京五輪70キロ級覇者で9月に引退した新井千鶴氏がジュニアチームを指導する。

 男子は73キロ級で10年世界王者の秋本啓之氏、08年北京五輪81キロ級代表の小野卓志氏、強豪の旭化成で重量級担当コーチを務める百瀬優氏が起用された。井上康生前監督を軽量級担当コーチとして支えた古根川実氏は留任した。