巨人はくじ引き11連敗 西日本工大・隅田を4球団競合の末に逃す

© 株式会社神戸新聞社

 会場中央に設置された抽選箱(代表撮影)

 「プロ野球ドラフト会議」(11日、都内ホテル)

 巨人はくじ引き11連敗となった。ドラフト1位で西日本工大・隅田知一郎投手を指名。4球団競合の末に逃した。隅田は西武が交渉権を獲得した。

 最速150キロの速球と多彩な変化球で高い奪三振率を誇る即戦力左腕。西武がいち早く1位指名を公表していたが、その思いが通じた格好となった。

 巨人のくじ引きはここまで10連敗中。11年、外れ1位の松本竜也を引き当てたのが最後だった。今ドラフトでは流れを変えようと原監督から今村社長にスイッチしたが、当たりくじは残っていなかった。

 その後、外れ1位で関西国際大・翁田大勢投手の交渉権を獲得した。