北海道の赤潮、被害46億円

ウニやサケ大量死で

© 一般社団法人共同通信社

北海道の鈴木直道知事(左)から赤潮被害の要請書を受け取った金子農相=12日午後、農水省

 北海道の太平洋沿岸で赤潮が発生してウニやサケなどが大量死している問題で、道は12日、被害総額は約46億円と発表した。9月下旬から大規模な赤潮が発生し、さらに被害が拡大する可能性もあり、道は引き続き被害や発生原因を調べる。

 道によると、根室地方から日高地方の太平洋海域で、8日時点でサケ約1万7800匹、ウニ約1500トンの被害が出ているほか、ブリやサクラマスなどにも影響が出ている。

 鈴木直道知事は12日、農林水産省で金子原二郎農相と面会し、原因究明と漁業者の経営回復などの支援を要請。「広範にわたって甚大な被害が生じている」と訴えた。