守田英正 攻守に奮闘も痛恨ファウルでFK献上 寄せの場面「一歩が命取りだなと」

© 株式会社神戸新聞社

後半、競り合う守田(撮影・堀内翔)

 「W杯アジア最終予選、日本2-1オーストラリア」(12日、埼玉スタジアム)

 日本代表MF守田英正(サンタクララ)が試合後、失点につながるFKを与えた場面について振り返った。

 1点リードの後半20分、オーストラリアMFフルスティッチが抜け出したところに、戻ってきた守田がペナルティーアーク内でスライディング。PKを宣告されたが、VARの結果、FKに修正された。しかしこのFKをフルスティッチに直接決められ、同点に追いつかれた。

 守田は「僕個人としては2次予選から無駄なファウルで失点するというのがあって、改善されていない」と課題を挙げた。「あと一歩早く帰っていれば、あと一歩寄せていればというところで、その一歩が命取りだなというのは身を持って感じた」。エリア外だと分かっていてファウルで止めたというが、「その一本を決めきる力は世界では絶対ある」と与えてはいけないFKだったと猛省した。

 川崎時代のチームメートであるMF田中とインサイドハーフとして最終予選初先発。アンカーのMF遠藤を加えた中盤3人で絶妙のバランスを保ち、攻守で奮闘した。「今までになかったシステムですけど、自分たちがやりたいようなサッカーを表現できたし、見ていてワクワクしてもらえるようなサッカーはできたと思う」と手応えも口にした。