プロでの活躍に意欲 ドラフト指名の佐久間捕手(福島・田村高)会見

© 株式会社福島民報社

「愛される選手になる」と誓う佐久間

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、ソフトバンクから育成8位指名を受けた田村高の佐久間拓斗捕手(18)は12日、福島県三春町の同校で記者会見し、プロでの活躍に意欲を示した。

 指名から一夜明け、佐久間捕手は「周囲から、おめでとうと声を掛けられた。頑張ろうとあらためて思った」と明かした。ソフトバンクは選手育成の環境が整っているとし、「支配下登録を目指して一歩一歩、進んでいく」と決意した。

 あこがれの選手として米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手を挙げた。「人間性が素晴らしい。見習いたい」と語った。育成選手から正捕手になったソフトバンクの甲斐拓也選手についても触れ、「プロとしてどうあればよいのか、いろいろ聞きたい」と話した。

 尾形幸男校長、大友研也野球部監督が同席した。