サウジアラビア4連勝 森保ジャパン豪州に勝っても“残り全勝”ほしい状況に変化なし

© 株式会社神戸新聞社

オーストラリアに勝利して喜ぶ森保監督。手前左から大迫、川島、長友、南野=12日

 サッカーのW杯アジア最終予選は12日の時点で4試合が終わった。日本はオーストラリアに2-1で競り勝ったが、2敗をした時点で、W杯出場権を自動で獲得する2位以内に自力で入るには残り全勝が前提だったため、厳しい状況に置かれていることに変わりはない。

 12日に行われた最終予選B組の結果は以下の通り。

 日本2-1オーストラリア

 オマーン3-1ベトナム

 サウジアラビア3-2中国

 この結果を反映させた順位表は以下の通り。数字は勝ち点。()内は得失点差。

1サウジアラビア 12(5)

2オーストラリア  9(5)

3オマーン     6(0)

4日本       6(0)

5中国       3(-4)

6ベトナム     0(-6)

 日本は、上位にいる3チームと残り1試合ずつ対戦する。また、サウジアラビアVSオーストラリアの直接対戦が2試合あるため、日本は残り6試合すべてを勝てば、2位以内には入れる。もしも3位になった場合は、A組3位とのアジアプレーオフにまわり、さらに大陸間プレーオフに勝つ必要がある。

 ただ、「残り6試合すべてを勝つ」ことは、かなりの重圧になる。オマーンを含めた上位に敗れることはもちろん、中国やベトナムと引き分けることも致命的になりかねない。実際、12日の試合でオマーンはベトナムに先制を許していた。日本にとって気の抜ける試合は一つもない。

 今後は以下の日程で日本の試合は行われる。()内Aはアウェー、Hはホーム。

▽2021年

11月11日 ベトナム(A)

11月16日 オマーン(A)

▽2022年

 1月27日 中国(H)

 2月 1日 サウジアラビア(H)

 3月24日 オーストラリア(A)

 3月29日 ベトナム(H)

この記事はいかがでしたか?