プロ野球 北海道日本ハムが天理高校・達孝太投手を指名挨拶

© 奈良テレビ放送株式会社

 11日のプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムから1位で指名された天理高校の達孝太投手が、13日、球団から指名挨拶を受けました。

 午後3時半頃天理高校を訪れたのは、日本ハムの大渕隆スカウト部長と熊崎誠也担当スカウトです。日本ハムの今年の補強ポイントは、次世代を担う投手。達投手のスケール感と潜在能力は今年のNo.1と評価。

そして高校生離れした野球への考え方にほれ込み、1位指名を決めたといいます。大渕スカウト部長は、「過去にないタイプの、日本ハムの大エースになってほしい」と期待を寄せました。緊張から言葉少なめの達投手でしたが、記念撮影ではやっと笑顔がこぼれました。達投手は、天理高校で仲間と共に過ごした3年間を胸に、プロの世界に挑みます。

北海道日本ハムから1位指名 天理高校・達孝太 投手

「3年間この天理という地で野球をやらせてもらって、どんなに厳しい練習もやっぱり仲間と乗り越えてきたので、その経験というのは今後プロの世界に入って活きてくるかなと思います。」

最後に、プロでの目標を書いてもらうと―  

天理高校・達孝太 投手

「日本を代表するピッチャーになりたいです!」

この記事はいかがでしたか?