国際ソロプチミスト奈良が抱負

© 奈良テレビ放送株式会社

 社会奉仕団体国際ソロプチミスト奈良の会長らが12日奈良テレビ放送で抱負などを語りました。

 2021年度の国際ソロプチミスト奈良の会長に就任した高松洋子さんは「小さな一歩に誇りを持って活動していきたい」と述べました。

そして今年度の活動としては、会員が持ち寄った食品を生活困窮家庭に提供するフードバンク事業に引き続き取り組むことや、15歳から39歳までのいわゆるAYA世代のがん患者を励ますために、記念写真をプレゼントする活動に協力したいと話しました。

この記事はいかがでしたか?