アフガン退避者50人が到着

受け入れ計168人に

© 一般社団法人共同通信社

 アフガニスタン情勢の混乱を受け、同国から退避した日本大使館や国際協力機構(JICA)の現地職員と家族計50人が13日、成田空港に到着した。外務省によると、日本政府の支援で受け入れたのは計168人になった。

 今回の50人は日本政府から査証発給や航空券手配の支援を受け、中東カタール経由で到着した。新型コロナウイルス検査を受けて入国、水際対策の待機期間を過ごす。

 日本政府は大使館現地職員ら約500人を支援対象としており、既に300人超がアフガンを出国したとしている。