キネッソがグローバル・タレント担当EVPを雇用

© ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

電通の元幹部がキネッソに入社

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- キネッソは、今後の世界的な成長の模索に対する答えとして本日、ニック・バスを新設のグローバル・タレント・エクスペリエンス・リーダー担当EVPに採用したと発表しました。キネッソの地域およびマーケティング・タレント・エクスペリエンス・リーダーは今後、バスの下で働くことになります。今回の採用は、米国とカナダの従業員を対象とした「Kind Week」(1週間の有給休暇)を含む高成長局面における人員への継続的な投資や、全社的な従業員バーンアウト問題への対応の支援でのキム・ハイアーズ博士との新たな提携に続くものです。

人事および人材管理での専門的知見を有するバスは、デジタルマーケティング・セクターやテクノロジー・セクター、さらに優良企業に勤務した15年に及ぶ経験を持っています。過去9年間電通に在籍したバスは直近では電通のグローバルHRリードを務めており、それ以前には同社のアイソバーのグローバルHRディレクターを務めていました。

バスは、次のように述べています。「社員は、私たちの最大の資産です。この度キネッソに加わり、その急成長と発展を支えていくことを大変うれしく思います。私は、人々が優れた能力を発揮し、自身のキャリアを形作る素晴らしい仕事をすることのできる環境を作ると同時に、確固としたアイデンティティーと共に信頼を築き、ボーダーレスなつながりを刺激する文化を醸成することを重視しています。」

実務経験に加えて、バスは人事教育協会(CIPD)会員であり、ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーションで経営学士号を取得しており、英国従業員エクスペリエンス・アワードの年次審査員を務めています。

キネッソの最高人材責任者のレーヌ・フーダは、次のように述べています。「私たちは、当社の既存の人材をサポートするための適切な人材を迎えることに努力しています。バスがキネッソに加わることは、私たちが従業員の育成を重視しており、従業員を第一に考えるという強い目的意識を持っていることを示しています。」

バスの勤務地はロンドンで、2021年11月29日付けで新たな職に就任します。

キネッソについて

キネッソは、アプリケーションおよびソフトウエア・ソリューションを構築するテクノロジー企業であり、エージェンシーやパートナーと連携して、あらゆるチャネルの人々のために一貫した意味のある顧客エクスペリエンスを提供しています。キネッソのソリューションは、オーディエンス、プランニング、アクティベーションをカバーし、大手グローバル・ブランドの成長を牽引する洞察を提供しています。Kinessoは、Kinesso, LLCの登録商標で、インターパブリック・グループ・オブ・カンパニーズ(IPG)に属しています。詳細情報については、kinesso.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Lanie Miller Jones
lanie.millerjones@kinesso.com