ダイソーのランドリーバスケットは500円ソフトタイプがおすすめ!折りたたみも愛用

© 株式会社オールアバウト

■ダイソーのランドリーバスケットが使いやすい! 魅力を紹介

あわせて読みたい

◆【ダイソー】「ミニ洗濯機」ハマる大人続出!その理由は?

洗濯物を移動するときに、ランドリーバスケットを使う人は多いのではないでしょうか。家族の人数によっては量も多くなるので、大きいサイズのバスケットランドリーバスケットが必要になることもありますよね。

ダイソーにはいろいろなサイズのランドリーバスケットやランドリーバッグあり、家族の人数やライフスタイルにあわせて、取り入れることができます。サイズによって値段が異なるのですが、ほとんどのものが550円(税込)以下です。

筆者の自宅でも数種類使っているのですが、その理由を3つ挙げてみます。

ダイソーのおすすめ神アイテム2021年版!ファン愛用の収納・キッチン・コスメまで

1.100円から500円まで種類いろいろでお得感も

ダイソーのランドリーバスケットの価格は、ほぼ550円(税込)以下。高くても1100円(税込)で収まる印象です。大きいサイズになるほど、値段が高くなります。

筆者が使っているのは少し大きめサイズの550円(税込)の「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」です他店と比較すると安いのでお得感がある商品です。

2. 折りたたみも!用途別にサイズやデザイン、カタチが選べる

ダイソーのランドリーバスケットは、サイズ別や形違いも充実。丸や四角などといろいろあるので、使い勝手や好みによって選ぶことができます。

使わないときは小さくなる、便利な折りたたみランドリーバスケットも人気商品のひとつ。我が家では、家族ごとの洗濯物を整理するために、柄違いの「ディズニー ランドリーバッグ」を活用しています。

3.ダイソーのランドリーバスケットは収納・ゴミ箱にも使える

ランドリーバスケットは洗濯物を入れるだけではなくて、普段の収納やゴミ箱などにも使うことができます。ゴミ袋の大きさやゴミの量に合わせられるのも良いです。

画像はダイソーの小さめの「ランドリーバスケット」。たくさんものを入れるには用途ではなく、収納アイテムとしてちょうどいいサイズです。

温泉が好きな友人は「このランドリーバスケットに自分なりの温泉セットを入れて、持ち歩いている」と教えてくれました。

■ダイソーの500円で買える「ランドリーバスケット」がイチオシ! 大容量で◎

ダイソーのランドリーバスケットは種類が多くあります。なかでも筆者が洗濯物を入れるときに使っているのが、ワンコインで買える「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」です。

大容量で使いやすく気に入っています。詳しく紹介します。

ダイソーの500円で買える「ランドリーバスケット」の値段・コスパ

ダイソーの「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」の価格は、550円(税込)です。

ダイソーの商品で550円(税込)となると少し高い印象があるのですが、この大きさでこの値段は安いと感じています。ホームセンターでソフトタイプのポリエチレンランドリーバスケットを買おうとすると、大体600~800円台が多いので比較してもコスパがいいです。

ダイソーの500円で買える「ランドリーバスケット」のサイズ・大きさ・容量

ダイソーの「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」の外寸は縦38cm×横37cm×高さ40.5cm、内寸は縦28.5cm×横28.5cm×高さ30cmです。

画像は脱水後の洗濯物を入れた様子です。

なお、ひと回り小さいサイズのものは「ランドリーバスケット(ドット、約直径32cmx高さ34cm)」という名称で330円(税込)で販売していました。

ダイソーの500円で買える「ランドリーバスケット」の素材は柔らかいポリエチレン製

ダイソーの「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」はポリエチレンというやわらかいプラスチック素材でできています。そのため形を変え、持ち手を片手でつかむこともできます。非常に柔らかく、容器のふたなどにも用いられる素材ですが、熱には弱いので、注意書きをよく読んで取り扱いましょう。

ダイソーの「ランドリーバスケット」はアウトドアでも活躍

筆者の友人も同じ「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」を使っていて、「キャンプなどアウトドアをするときに便利」と言っていました。大きめのビニール袋を入れて、汚れた洋服などをどんどん入れていくのだそうです。ビニール袋の封をすれば水漏れなどはないので、そのまま持ち帰って洗濯。ビニール袋の口が大きく開くので、汚れ物を入れやすいとのことでした。

__DATA
ダイソー┃ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)__

容量:24L

サイズ:外寸縦38cm×横37cm×高さ40.5cm、内寸縦28.5cm×横28.5cm×高さ30cm

材質:ポリエチレン

原産国(地域):中国

■ダイソーのランドリーバッグもおすすめ

ダイソーのランドリーシリーズは、ランドリーバスケット以外にもあります。ランドリーバッグも紹介します。

ダイソーのランドリーバッグはたためるものも! 収納も楽々

筆者が使っているディズニーキャラクターが描かれた「ランドリーバッグ」は、折りたたむことができます。

使わないときに収納するのも簡単です。

2種類使っているのですが、1つは高校生の娘用。用途としては、洗濯物をたたみ、とりあえず入れておいて、後は娘が自分でクローゼットに洋服をしまうというもの。

筆者は洗濯物を干したりたたんだりするのは意外と好きなのですが、それをクローゼットやタンスに戻すのがすごく面倒に感じます。

少なくとも自分のものは自分で片付けてもらうようにするために、この「ランドリーバッグ」を使っています。もう1つは脱衣所に置いてあり、脱いだ洋服を入れています。

どちらも価格は、220円(税込)です。

__DATA
ダイソー┃ディズニー ランドリーバッグ 各種__

■ダイソーのランドリーバスケットのQ&A

ダイソーのランドリーバスケットに関する質問と回答をまとめてみました。

ダイソーのランドリーバスケットの通販はある?

ダイソーの「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」や「ランドリーバスケット(ドット、約直径32cmx高さ34cm)」はダイソー公式通販ダイソーネットストアに掲載されていました。また、「ソフトバスケット」だけに絞っても19種類ありました。ただし、「ただいまプレオープン中のため、配送先の地域を限定しています。詳しくは下記トップページバナーからご確認ください」「10月13日から北海道の配送料金が変更となります。よくある質問の配送についてをご確認ください」などの注意書きがあったので、在庫や送料と合わせて、詳細をご確認ください(2021年10月現在/東京エリアで調査)。

ダイソーのランドリーバスケットは自立しないって本当?

筆者が使っているダイソーの「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」は、比較的形がしっかりしているので倒れてしまうことはありません。

ただしランドリーバッグで周りがメッシュになっているものは、背が高いので、洋服の入れ方よっては倒れてしまいます。でも上から下から順番に入れていけば、倒れることはほとんどありません。

ダイソーのランドリーバスケットは臭いが気になるって本当?

ダイソーの「ランドリーバスケット(24L、ソフトタイプ、ドット)」は素材がポリエチレンなので、使い始めは少しビニールのような臭いがしました。でも使っていくうちにだんだんと臭いは取れてきます。

ダイソーのランドリーバスケットはおもちゃやぬいぐるみも収納できる?

ダイソーのランドリーバスケットは、おもちゃやぬいぐるみなども収納することができます。きれいに収納するというよりは、使う頻度が高く出し入れが多いものにおすすめです。「とりあえず入れておく」という感覚で使うと便利だと思います。

ランドリーバスケットを収納アイテムとして見ると、口が大きいので取り出しやすく、毎日使うものなどを入れるのに最適です。

■まとめ:100均・ダイソーのランドリーバスケットは好みの種類・サイズを選べる

ダイソーのランドリーバスケットは種類が多く用途別に選ぶことができます。値段も110円(税込)から550円(税込)の間に収まるものが多く、家計にも優しいです。

どこで使うのか、何を入れるのかによってランドリーバスケットを選んでいくと良いと思います。

あわせて読みたい

[(https://www.ichi-oshi.jp/articles/common/488969?utmmedium=app&utmsource=smartnews&utm_campaign=home-living)[◆【ダイソー】早く知りたかった…!洗濯時のイライラ解消アイテム](https://www.ichi-oshi.jp/articles/common/488969?utm_medium=app&utm_source=smartnews&utm_campaign=home-living)

[(https://www.ichi-oshi.jp/articles/common/489674?utmmedium=app&utmsource=smartnews&utm_campaign=home-living)